Archive for the ‘相続’ Category

戸籍の収集について

2021-07-21

司法書士は、ご有無の様々な場面で戸籍謄本・除籍謄本という書類を目にします。

一番よくある場面としてはやはり「相続登記」「遺産承継」の場面です。

これらの手続きでは、亡くなった方の出生から死亡に至るまでの連続した戸籍が求められます。

今日は、この連続した戸籍についてお話をしていきます。

例えば、昭和20年7月21日に生まれた方が、去年の令和2年7月21日に亡くなったとしましょう。

そしてこの方は以下のような人生を歩んでいました。

・出生後、養子縁組に入っている。(昭和25年1月)

・養親が転籍している。(昭和30年2月)

・1度目の結婚(昭和42年3月)

・離婚(昭和56年4月)

・2度目の結婚(昭和60年5月)

・戸籍の改製(平成18年6月)

・令和2年7月死亡

以上のような場合、連続した戸籍は何通になるでしょうか。

答えは、約7通です。

まずは、出生から養子縁組までの1通。

養子縁組後、転籍までの1通。

転籍から結婚までの1通。。。という風に、本籍地が変わったり、戸籍の筆頭者が変わると戸籍は新たに作られるのです。

そのため、この7通というのもタイミング・自治体によって変化してきます。

さて、この7通。同じ役場で集められれば楽ですよね。

仮にこれらの戸籍作成が同じ役場でされていれば、一度市役所等に行くだけで戸籍はすべて集まります。

しかし、特に結婚・離婚等の場面では、他の役所に戸籍がまたがることが多いです。

そうなると、各役場へ行くか、郵送での手続きをする必要があります。

近くの役場なら負担は少ないですが、遠方の役場へ郵送手続きとなると、かなりの時間がかかります。

さらに、郵送での手続きでは、説明が口頭で出来なかったりと、慣れていなければ中々難しいです。

この辺りは、私たち司法書士の得意分野です。

集めた戸籍が正しいかどうか見る力も必要です。

たまにあるのが、役所に出してもらったもので戸籍は揃っていると考えて、自分で相続登記申請をしたが、戸籍が不足しており一度取り下げた。というケース。

今はネットなどが普及していますが、それでも何度か役所へ行き、法務局へ相談に行き、と何日もかけた手続きがやり直しになることもよくあるのです。

そうなると、せっかく司法書士へ依頼せずに節約したのに、何をしているのか分かりません。

司法書士が行う業務は、ほぼすべてが手続き代行であり、本人でもできることを代わりにやっているだけです。

当事務所では、自分でやるにはどうすればいいのかということについては無料でご説明しています。

その労力と司法書士費用を比べて依頼を検討するのが本来の形だと感じるからです。

相続手続き等で疑問がある方は是非当事務所までご連絡ください。

相続登記の義務化とパブリックコメント

2021-07-16

相続登記義務化になることが決定しましたが、法改正には「パブリックコメント」というものがされることがあります。

パブリックコメントとは、公的な機関が規則等を制定しようとする場合に、広く公に、意見などを求める手続きのことを言います。

今回の相続登記の義務化に対しても、賛成意見や反対意見が挙げられていました。

賛成意見としては、

・不動産登記制度の信頼を確保し、所有者不明土地問題の解消・発生抑制ができる。

・固定資産税の納税義務者を明らかにすることで、未納の税金の発生を防ぐことができる。

・土地所有者は公法上の義務として登記を真正にすることが求められる。

等々、こういった意見が賛成意見として挙げられていました。

賛成意見については、目新しいものは少なく、多くは現在問題になっている「所有者不明土地問題」の解消に寄与するという意見が目立ちました。

一方、反対意見には、

・不動産の権利に関する登記申請は、私的自治の原則に委ねられており、それを義務化する必要はない。

・国家が相続登記を義務化することにより、登記簿には半強制的に相続人の住所・氏名が記載されることになり、プライバシー侵害にあたる。

・相続が複数回起こっているが、不動産価値としては低い場合には、相続人に多大な負担を与えることになる。

・相続登記を義務化することで、共有状態など、後に紛争化する可能性が高い状態での登記が増えてしまう。

こういった意見が挙げられていました。

私も司法書士として、今回の法改正を考えていましたが、マイナス面としては「費用面」ぐらいしか正直浮かんでいませんでした。

ただ、今回のパブリックコメントを見て、プライバシー侵害であったり、共有状態での登記が増加することは確かに大きな問題点だと感じました。

現在、登記のプライバシー侵害については段々と意識されることになっています。

例えばDV問題で、住所の記載を登記簿ですることにより、相手方から住所を特定されることになります。

解決策として、現住所以外での登記申請が可能になったりと、少しずつですが、対策がされてきています。

今回の法改正で、相続登記だけではなく、住所等の変更も義務化されることになれば住所が公示されることへの抵抗感はより強まるでしょう。

住所等の変更を公示されないようにする方式などは今後登場してくるかもしれませんね。

他にも、共有状態での登記が増えていけば、共有物分割請求などの訴訟が増加することも予想できます。

登記名義を一度手にしてしまったがためにより紛争が泥沼化することも想定されるので、この辺りは司法書士としてアドバイスしていかないとなと感じました。

さて、法改正は司法書士として勉強すべきところですが、こういったパブリックコメントにも目を通すことで後々の問題点にもいち早く対応できるので、今後も意識していこうと思います。

所有者不明土地のその先

2021-06-28

現在、所有者不明土地が社会的な問題になってきています。

その対策として、相続登記義務化というのも直近で始まることとされています。

相続登記の義務化に伴って、住所の変更登記であったり氏名の変更登記も義務化されていくことは先日記事で書いた通りです。

ただ、この所有者不明土地問題は、相続登記だけが問題という訳ではありません。

少し、毛色は違うかもしれませんが、有名な「淡路の平和の大仏」これが解体されるニュースも関係があると言えるかもしれません。

この大仏問題、詳しい解説は省きますが、要は大仏を建てた方の相続人たちが大仏を管理しきれなくなり、相続放棄等を経た結果、解体という流れになったようです。

これは、大仏という大きな建物があったために早急な対処が必要となり、解体ということになったのですが、土地だけであればこうはなっていません。

それこそ、相続人・関係者が関わりたくないような不動産となっている土地は多くあるのです。

例えば、共有者が複数になっている土地。

売るにしても貸すにしても関係者が増えすぎた土地には価値がなくなっていきます。

こんな場合に、不動産屋さんが共有持ち分の一部を買い取り、半ば強引に共有持ち分を集めていくこともあります。

これは、あまり良いように感じないという方もおられるかもしれませんが、そうとも言ってられない土地も多いのが現状なのです。

このように共有者が多岐に渡っている不動産でも、土地所有権の放棄制度などが整備されていけばどうでしょうか。

固定資産税の支払いであったり、境界の問題で負担が永遠に続いていくぐらいなら、無料で公に引き取ってほしいと考える方も多くおられるでしょう。

(これは無理かもしれませんが、価値の残っている不動産の放棄であれば、ふるさと納税の扱いにしてあげるなどすれば盛り上がるかもしれませんし。。。)

いずれにせよ、何か問題を抱えている不動産を放置してもその価値は下がっていく一方です。

私の事務所でも、どうしようもない不動産の処分を手伝ってほしいという依頼が来ることがあります。

良くてプラスマイナスゼロというケースも正直多くあります。

この理由はやはり、私のような司法書士であったり、不動産屋さん、場合によっては弁護士さんが登場しなければこういった土地を処分することができないのが現状であるからです。

たとえ、持っている不動産に価値がなくとも、労力をできるだけ少ない形で公に所有権を集中させていく法整備が必要になってきているのでしょう。

この所有者不明土地問題に関連する法整備が今後さらに進んでいくことを期待したいと思います。

配偶者居住権の登記が。。

2021-06-25

配偶者居住権

民法等の改正により、最近登記ができるようになった新しい権利です。

司法書士業界でも、よく話題になる旬な登記です。

基本的なパターンとしては、夫婦の内の片方が亡くなった時にこの権利が登場します。

例えば、旦那さんが亡くなり、相続人は配偶者と子どもさんという場合を考えてみましょう。

不動産を所有している方が亡くなった場合には、相続登記が必要です。

今回の例では、相続登記のパターンとしては、

1残された奥さんの単独所有

2子の単独所有

3奥さんと子の共有

この三つのパターンが考えられます。

この3パターンの中で、不動産に引き続き奥さんが住む場合、1を選択することが奥さんにとっては1番立場が安定します。

自分の不動産に自分が住むという形になるためです。

ただ、このパターンにはデメリットがあり、奥さんの財産が増加するため、相続税の問題であったり、手続きを奥さんが亡くなった時にもしなければいけなかったりといくつかマイナスの面があります。

では、2のパターンはというと、手続き面、税金面では1に比べるとメリットがありますが、次は奥さんの立場が不安定になってしまいます。

所有者はあくまで子になるため、売却をすることも理論上可能になってしまうためです。

そのため、中間択として3のパターンを選ぶこともこれまで多くありました。

3のパターンのデメリットとしては、仮に売却をする場合などに、当事者が多くなってしまうため、奥さんと子に紛争があった場合に処分できなくなる可能性が出てくることが挙げられます。

そこで配偶者居住権の登場です。

配偶者居住権とは、例のパターンでは、所有者は子に、しかし、奥さんはそのまま住み続けてもいい。さらに奥さんの権利も安定する。という1.2のいいとこ取りのような状態を作り出せる権利です。あくまでイメージとしてはですが。

 

さて、今回この10日に関して疑義があったので、法務局へ照会をしていました。

当然、他の権利に比べて通達・判例も少ないため、登記が可能かを問い合わせたような形ですが、なぜかかなり怒られてしまいました。笑

これから通達等が出て、改めて確認してみようと思います。

今度はなんとか怒られないように穏便に進めたいと、反省しました。笑

 

当事務所では、変わった登記、調べても分からないような登記であっても全力で案件にあたることを約束します。

他の事務所でできないと言われた、煙たがられたという方もお気軽にお声掛けください。

 

相続登記の義務化。住所変更も??

2021-06-21

相続登記が義務化されることはこれまでもお話をしてきたとおりです。

具体的には、

・自己のために相続の開始があったこと

・対象の不動産の所有権を取得したこと

を知った時から3年以内に相続登記をしなければならないとされることになります。(遺贈なども含まれる)

この「自己のために相続の開始があったこと」については、私のホームページ内でもお話したことがあります。

相続登記の場面ではなく、相続放棄の場面ですが。

相続放棄の申述は自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月以内にしなければなりません。

相続放棄については多数の判例もあるため、相続放棄の義務化がなされた後は、こういった判例も生かされていくのではないでしょうか。

さて、相続放棄の場合は、この3か月以内に相続放棄をしなければ相続放棄ができなくなる、すなわち相続するしかなくなります。

では、今回の法改正である、相続登記の義務化ではどうかというと、「10万円以下の過料」を科される扱いとなるようです。

10万円。。。痛いですね。

相続登記については、所有者不明土地を解消するために多少の罰則は必要かと思います。この10万円の額がどうかは別として。

ただ、今回は追加情報として、相続登記だけではなく「氏名変更の登記」であったり「住所変更の登記」も義務化されるようです。

司法書士のイメージとしては商業法人登記に近づいたように感じます。

商業法人登記は、例えば代表者の住所変更であったり、会社の本店が変わった場合には「2週間以内」に変更の登記をしなければいけないことになっています。

今回の改正により不動産登記に関しても「変更があればすぐに登記」という扱いに変更となるわけです。

私たち司法書士としては悪い話ではありません。

当然、住所変更などの登記件数が増えるわけですからね。

ただ、これは前回の相続登記義務化に関しての記事でも申し上げましたが、義務化には簡略化もセットになるべきです。

例えば、住所・氏名の変更をすれば自動若しくは自分自身で簡単に登記ができるようなシステムにいつかはなるでしょう。

そうなると私たち司法書士の仕事はむしろ減少することも十分にあり得ます。

そうなった場合に、消えていく司法書士事務所も当然増えていくでしょう。

しかし、私たちの仕事は本来、「誰にでもできるはずの仕事を代理で行う」仕事です。

そんな司法書士業界の中でも私にしかできない仕事を増やしていこうと改めて感じた今回の法改正でした。

法改正は2024年施行予定です。

兄弟相続の危険性

2021-06-15

相続登記遺産承継手続き等、司法書士は相続に関する多くの業務に携わっています。

司法書士として、こういった相続の依頼を受けた際に、一番楽なパターンは「遺言があるパターン」です。

楽とかしんどい等は依頼を受けている以上、言うべきではないのでしょうが、遺言があれば、集める戸籍も少なく、こちらの作成書類も少なくて済みます。

そのため、私の事務所では遺言書があれば相続手続きの費用を減額しています。

それぐらい遺言書があれば相続手続きは楽になるのです。

逆に、相続手続きが非常に困難になるパターンがあります。

それは「兄弟相続」のパターンです。

兄弟相続とは、相続順位の中、第三順位の相続ということになります。

つまり、被相続人(亡くなった方)に子供もおらず、両親・祖父母もいなかった場合に兄弟相続になるのです。

この兄弟相続の場合、集める戸籍は非常に多くなります。

まず、被相続人に子供がいないことを証明するために、出生から全ての戸籍が必要です。

次は、両親・祖父母が既に亡くなっていることを示す戸籍が必要です。

最後に全ての兄弟を証明するために、両親の出生から死亡までの戸籍が必要となります。

このように戸籍の収集だけをとっても非常に大変な手続きとなります。

また、両親の出生からの戸籍を取る関係で、非常に古い戸籍謄本を読む能力が求められます。

当然、昔の戸籍は手書きで作成されており、作成者が達筆すぎて読めないということもよくあります。

他にも、そもそも戸籍が破棄されている可能性もあり、その場合は、別途証明書を求められることも考えられます。

さらにさらに、兄弟相続の場合、相続する兄弟も被相続人と同じぐらいの年代となる関係で、相続人となる兄弟がすでに亡くなっていることもよくあります。

そうなると、その兄弟の子供たちも相続人になるため、関係者もどんどん増えていきます。

親族同士連絡を頻繁に取り合う関係性であれば問題はないかもしれませんが、遠方に引っ越していたり、場合によっては海外移住をしている事もこれから増えてくるでしょう。

関係者が増えてくる、連絡先が遠方になりやすいということも兄弟相続の大きなデメリットです。

 

このように、兄弟相続には大きなデメリット危険性があります。

ただ、兄弟相続には「遺留分がない」というメリットもあります。

詳しい説明は省きますが、遺留分がない場合、遺言書で自由に財産を相続させることができます。

つまり、自分の相続人が兄弟ということが分かっている場合、遺言書の作成によるメリットが非常に大きいです。

兄弟間での争いを防げたり、財産が宙に浮くことを防ぐため、遺言書の作成を検討してみましょう。

デジタル資産と終活

2021-06-09

司法書士として、不動産の相続登記はもちろん、預金・株式の相続手続きも多く手掛けています。

不動産の相続登記だけではなく、金融機関・証券会社への手続きもできるということは最近認知されてきたように思います。

ただ、昨今の財産はこういった目に見える財産だけではありません。

例えば、「ビットコイン」

少し前に、流行り、今も投資の一つの形として普及した仮想通貨と言われるものです。

他にも、「暗号資産」というものも今後の相続手続きに入ってくるでしょう。

しかし、特に暗号資産の取り扱いはまだまだ不透明なようです。

ただ、仮想通貨・暗号資産といった財産に相続税が課税されることが明示されています。

つまり、これらの財産が相続財産になることは確定的事項と言えるでしょう。

ただ、こういった財産の承継をどのようにしていくかはまだまだ不透明です。

仮想通貨といったものならまだしも、SNSのアカウントであったり、ブログが金銭的価値を持つ時代です。

こういったデータ・アカウントの相続も必要となってくると、その手続きはさらに複雑化していくでしょう。

では、どうすればいいのかというと、せめて自分の遺言書などを作成し、終活をする場合には、価値のあるデジタルデータも相続財産になり得るということを意識する必要が出てくるでしょう。

例えば、遺言でこのような文言を遺す場合。

「私の持っているパソコンを○○に相続させる。」

という場合、パソコンの所有権が指定された人に移るのは当然の遺言の効果です。

ただ、パソコンの中のデータはどうでしょう。

パソコンの中には、多額の仮想通貨・暗号資産が含まれていたとしたら・・・?

このような場合、相続人の中から、「パソコンは○○でも、中のビットコインは相続人で分けるべきだ」

という主張があることも十分に考えられます。

当然、こういったケースはまだまだ判例が少なく、確定的な法解釈は定まっていません。

そうなると、これは「危険な遺言」だと言えるでしょう。

遺言の作成といった、終活は基本的には「相続が起こっても誰も揉めないように」するはずです。

しかし、危険な遺言を作るとかえって親族間に軋轢が生まれるかもしれないのです。

では、さっきの遺言をこのように変えると、

「私の持っているパソコン及びその内部の一切のデータを○○に相続させる」

とした場合、これは中の仮想通貨・暗号資産も○○に相続させたことに疑義がなくなります。

このように、最新の情勢・判例・税制に精通していなければ終活を確実に行うことはできません。

司法書士はもちろん、税理士さんなどにもアドバイスを仰ぎながら、確実な終活をしていきましょう。

当事務所は、財産面での終活だけではなく、任意後見等での身上面の終活もサポートしていきます。

気になった方はお気軽にお問い合わせください。

相続登記と上申書

2021-06-04

司法書士にとって、相続登記は業務の中で大きな柱であり、当事務所でも数多く受任しています。

基本的には、被相続人(亡くなった方)の出生から死亡までの戸籍謄本関係を取り寄せることから業務が始まっていきます。

戸籍謄本は、一つの役所で全て取れるとは限らず、婚姻の時に本籍地を変えている方、住所を変更するように何度も転籍をしている方などもおり、どれぐらいの労力で収集ができるかはやってみないと分かりません。

他にも、被相続人が亡くなってから何年か経過してしまっている場合、最後の住民票が取得できないことがあります。

この場合、亡くなった人と登記簿に載っている方が一致するかが分かりません。

登記簿には、住所氏名は載っており、亡くなった方の最後の住民票が取れないとなると、一致する情報が氏名しかありません。

この状況で、無条件に相続登記を認めてしまうと、「同姓同名の人の不動産を勝手に相続登記」できてしまいます。

当然、法務局がこんなことを認める訳がありません。

では、どうするのかというと、「上申書」を使います。

登記における上申書とは、主に、一部の添付書類が取得できなかったり、一般的なケースではない事例で用います。

内容は事例ごとに当然異なりますが、「一部の書類が不足していますが、登記をしても御庁にご迷惑かけないことを確約します」みたいな内容になります。

この上申書に、本来は求められていない権利証であったり、固定資産税の納付書などの所有者でしか持ちえない書類を添付して登記を行っていくのです。

これが相続登記における上申書の登場場面です。

 

さて、この上申書、出てくる場面は他にも様々です。

例えば、前回の記事でお話した「清算結了登記の抹消」という変則的な会社の登記、裁判所提出書類の作成の際にも作成することがあります。

しかし共通点は、何かの手続きが問題ないことを申請者側が一部確約する文書です。

そのため、このような書類を作成するこちらも責任を持って作成しなければなりません。

関係者への聞き取り、お持ちの書類の確認、場合によっては法務局との打ち合わせを経て上申書を作成していくのです。

っというように、上申書の作成はとても難しいです。

ただ、報酬に反映できるかというと難しいことも多いです。(笑)

理由はやはり、受けてみないと上申書が必要かが分からない点、苦労して作った上申書は法務局への出し切りで、登記が終わると何も残らない点があります。

この点はどうしようもないので、仕方ないかなあとは思いながら、日々上申書を作成しています。

 

当事務所では、相続登記の中で変則的なものも多く扱っており、依頼者のご負担を極力減らし、手続きを行っております。

まずは当事務所の無料相談を利用し、相続登記が自分で出来るかを確かめてみましょう。

当事務所は、手続きの説明も無料で行っております。

所有権放棄について

2021-05-14

以前より、相続登記義務化についてのニュースは何度かお伝えしてきました。

それに伴い、所有権放棄=土地所有権の国庫帰属制度についてもお話をしたことがありました。

現在、日本では相続登記が義務化になっていないため、主に山林や田舎の土地で相続登記が長期間未了になっています。

相続登記が終わっていない土地の多くは利用価値が乏しいものが多いのは事実ですが、市区町村などの自治体は固定資産税を課さなければならず、相続登記が終わっていない状態では不都合が生じます。

また、仮にこういった土地に利用価値が出てきた場合でも、相続登記が終わっていない状態では新たな土地利用者に名義を変更することができず、より一層土地の価値を下げてしまうことに繋がります。

こういった問題が段々と表面化したため、相続登記の義務化に向け、日本は舵を切ったのですが、相続登記には当然費用がかかります。

費用軽減などの方策も考えられているようですが、戸籍の収集などには労力がかかり、これは引き続き相続人にのしかかる負担となるでしょう。

それに加えて、やはり大きな問題は、相続した不動産そのものをどう処分するのかという問題です。

前回お話はしましたが、10年分の管理費等を国に納めることにより、所有権を国庫に帰属させられるようになるようです。

ただ、前回私が手に入れていなかった情報を手に入れたのでお話をします。

この国庫帰属制度には「できない土地」についての条件があるようです。

具体的には、

①建物や通常の管理又は処分を阻害する工作物等がある。(更地ではない)

②土壌汚染や埋蔵物がある。

③崖がある。

④権利関係に争いがある。

⑤担保権等が設定されている。

⑥通路など、他人によって使用されている土地に該当する。

以上の場合は、所有権放棄ができないようです。

④~⑥についてはある意味仕方がないように感じます。

国庫に帰属した土地に第三者が権利関与するわけですから、これは避けた方が良いように思うからです。

ただ、①~③はどうなのでしょうか。

前述のように、この所有権放棄は、「利用価値の乏しい不動産の所有者から離脱する」ための制度です。

①~③の条件はそのまま不動産の価値を下げる要素になっているため、この条件があると放棄したい不動産が放棄できない状態になるように思うのです。

利用価値の低い①~③のような不動産こそ放棄を認めることにより、相続登記も進むように思います。

まだ、条件を詰めていく段階だとは思いますが、この辺りは考えてほしいなと感じました。

引き続き情報が入り次第お話をしようと思います。

相続放棄してるかどうか

2021-04-30

最近、こんな事例がありました。

・音信不通の兄弟がどうやら亡くなった様子

・亡くなった兄弟には息子がいるが、その甥とも音信不通である。

・素性不明の貸金業者から電話がかかって来た。(おそらく亡くなった兄弟の債権者)

以上のような事例です。

通常、親族が亡くなった場合、第一順位として息子、娘等の子がまず相続人となります。

この場合、亡くなった兄弟には息子がいるため、相続人はその甥っ子というのが基本的な考え方です。

日本の相続では、先順位の相続人がいる場合、後順位の相続人は相続権がありません。

つまりこの場合、相続権は甥がすべて持つため(配偶者が存命であれば配偶者と共に)、兄弟である依頼者は相続に関して悩む必要はありません。

では、どのような場合に兄弟に相続権が来るかというと、先順位者に相続放棄があった場合です。

第一順位の相続人である甥が、被相続人の債務を相続しないために相続放棄をしたとしましょう。

すると、相続権は第二順位である、直系尊属へと移ります。

被相続人よりも年長者である直系尊属は亡くなっていることも多いです。(今回もそうでした。)

そのため、次の第三順位である兄弟姉妹つまり依頼者に相続権が来ることになるのです。

先順位である甥が相続放棄をしていれば、依頼者にも相続放棄が必要というある意味不安定な状態での相談だったのです。

甥っ子に連絡が取れればそれで解決ですが、亡くなった兄弟含めて音信不通。

どうすればいいのか。というのが今回の依頼でした。

 

今回のようなケースでは、「相続放棄申述の有無の照会制度」が利用できます。

この制度は、各添付書類と申請書を家庭裁判所に提出することにより、先順位者が相続放棄を行っているかを照会できる制度です。

今回にぴったりな制度です。

この制度は無関係の他人が利用できる制度ではありません。

申立権利者は、相続人又は利害関係人となります。

今回の依頼者は、まだ相続人ではないため、利害関係人となります。

このように、相続放棄の有無を知る利益を持つものが利害関係人となるのです。

今回の照会で、甥が相続放棄をしていれば、依頼者も相続放棄を。

していなければ相続人ではないことが証明できるわけです。

 

今回の相続放棄の有無の照会制度ですが、私は以前にもしたことがありました。

以前は今回のように相続放棄の前提としてではなく、相続登記の場面でした。

これについては次回以降に書いてみたいと思います。

 

当事務所では、債務整理等の様々な業務を行っています。

司法書士への依頼は、相続及び債務整理であったり、成年後見及び遺言等々、様々な業務が複合してきます。

幅広い業務を行っている司法書士へ依頼することでワンストップの対応を受けることができます。

何かお困りのことがあれば、お気軽にお声掛けください。神戸市以外の方も大歓迎です。

« Older Entries

トップへ戻る

0784147546電話番号リンク 問い合わせバナー